メンバー紹介(その2)

メンバー紹介第一弾は、今回のシングルの音楽プロデューサーでもある、

板倉雅一さん(Wurlitzer Piano)です。

■板倉雅一 ITAKURA MASAKAZU

1976年に庄野真代のサポートバンドでプロデビュー。 以後、来生たかお、甲斐バンド、浜田省吾、佐野元春、尾崎豊、伊藤銀次、松山千春、大友康平等のライブやレコーディングに参加。 

90年代からは、infix、久保田洋司、古賀森男等のプロデュースを手掛ける傍ら、俳優の葛山信吾とユニット「Bricks」を結成し、3枚のアルバムを発表する。 

現在は女性ボーカルRarezaとのユニット「Merge」サックス奏者古村敏比古とのユニット「ズカルフ」のメンバーとして精力的に活動中。

◆Masakazu Itakura Official Website

 

24tr

福岡時代の私の英国人のお友達が熱烈なBad Fingerのファンだった事もあって、先日の鎌倉FMでは Bad Fingerの話でおおいに盛り上がりましたが、

上記に記載されたプロフィール以外にも、板さんは本当に沢山のお仕事をこなしていらっしゃって、レコーディングは大変スムーズに進みました。

「懐かしい〜」と口を揃える、アナログレコーディングの全盛期を過ごしてきた、板倉さん&モーガンさん&内藤さんを尻目に、

24trアナログレコーダーが回っているのを見るのは初めて!な私達は、空き時間に写真のMTRを囲んでワイワイ♫

「わー回ってる回ってる♪」と大騒ぎしながら皆、動画や写真を撮っていたのでした。

 

JUGEMテーマ:音楽

 

メンバー紹介(その1)

c/w曲『Season of the Witch』にご参加頂いた皆さんです。

 

左より

HANAWAYAさん(Rythm Programme)
TAKASHI KUMAKURAさん(Drums)
MASAKAZU ITAKURAさん(Wurlitzer Piano)
MORGAN FISHERさん(Hammond Organ)
オレ
HIROSHI NOMAGUCHIさん(Bass)
AKIRA SATOHさん(Guitar)

 

次の投稿からおひとりづつご紹介していきますね。

 

JUGEMテーマ:音楽

あらためまして

blogはじめまして。です。

「少々長めのテキストが書けるツールないかなー」と、長らくいろいろなSNSをサーチしていたのですが、
巡って巡って、やっぱりblogの方が使い勝手が良く...振り出しに戻る的な感じ あせ

 

ここであらためて、12インチシングル『Manna』の制作に携わってくださった皆様、陰ながらアドバイス&ご協力くださった皆様、応援くださった皆様に心から感謝申し上げます。てんやわんやのDIY作業で途中何度もめげそうになりましたが、なんとか完成〜リリースにこぎ着けました。近日中にまたあたらしいニュースをお伝えできると思うので、引き続きの応援とご指導ご鞭撻の程、よろしくお願い申し上げます。

 

直近で予定しているテキストは、『Manna』のテスト盤が届いた時のエピソードとか(これはホント書けるものなら6月中に書きたかった!)、12インチシングル『Manna』に関わってくださった方のご紹介とか(関わってくださったみなさまお待たせしてしまって本当にすみません!!!)、タイトル曲『Manna』に関する長いながーいエピソードとか、写真素材は結構いろいろあるのでダイジェストでお見せできるとよいかな、とか、そんな感じです。過去にUPしていたテキストの選りすぐりも、タイミングみながら掘り返そうと思ってます。
 

よろしくお願いします。

 

JUGEMテーマ:音楽