長らくお待たせしました!
Natsuki 2nd CD Single『Topaz』いよいよ5月29日にリリースです。

Topaz_jacket

ちょっぴりお得な先行予約はこちら。期間限定です。


そして、リリースに先駆けて、CD未収録のSpecialなトラック
『蓮蕾 -Renrai- (Malhar Mix)』が、Spotifyにて先行配信されています!

Renrai_jacket

Spotifyアカウントをお持ちの方は楽曲へジャンプ、

アカウントをお持ちでない方は、Spotifyのページが開きます。

配信曲『蓮蕾 -Renrai- (Malhar Mix)』は
叙情的でダイナミックな演奏により国内外で高い評価を受けるバーンスリー(インドの竹の横笛)奏者、

寺原太郎氏による雨のラーガを大胆にフィーチャーし、Natsuki独自のサイケデリックな世界観を描いています。

1stシングルからの強力布陣、熊倉隆氏(Dr)、野間口浩氏(B)、Morgan Fisher氏(Synthsiser)に加え、

いまみちIMASAともたか氏 (G)による多彩なギターサウンドも必聴!

2nd Singleの収録ヴァージョンとは異なる、配信限定のMixです。(Spotify楽曲紹介ページより引用)

という訳で、華麗なバーンスリーを吹いてくださった、寺原太郎さんです!

※注:私タンプーラという楽器を抱えていますが、

『蓮蕾』の中でタンプーラを弾いているのは私じゃなくて太郎さんです!

 

本作のレコーディングは昨年の7月末からはじまりまして、
アメリカ公演を控えた太郎さんがアメリカに行く前に!と、
まず最初に太郎さんの録りを開始し、
全ての録音が終わった今年3月に、仕上げの生タンプーラを入れて頂くという
超変則スケジュール!で録音頂きました。
でもその変則具合により結果、太郎さんの笛が楽曲の背骨をつくってくださったような
そんな印象の楽曲になりました。

Malhar(マルハール)とはインド古典音楽において雨を表す古いラーガ(旋法)の事で、

この曲はインドの方が聴かれても「おお!雨が降っておるよ!」と感じる事ができるという、なかなかすごい曲になっています。

太郎さんは本当に優雅にするすると吹いていらっしゃるけれど、古典音楽のロジックを西洋音楽(我々はロック畑の人間ですが)のフィールドで展開させるのは、なかなかものすごい事なのです!

また、1st Singleの『Manna』に続いてご協力頂いたエンジニアの山内さんの録音技術がまた素晴らしくて、

山内さんがセッティングしたマイクを通して聴こえてくる太郎さんの深遠な演奏は、Mix Roomにいた全員が息をのむ程でした。

転がり続ける熊倉さんのドラム、ドライブする野間口さんのベースは狙い通り!
きらきらと輝きを放ちながらもガツンと攻めてくる、いままみちさんのギターは流石!ですし、
さりげなく、でも確実に英国の香りを漂わせてくれるモーガンさんのシンセサイザーも秀逸です。

 

強力なミュージシャン&制作陣による聴きどころ満載の3曲を収めた Natsuki 2nd CD Single『Topaz』。
先行予約の方にはささやかプレゼントをご用意しています。
そして、ご案内が遅れましたが、レーベルのTwitterを開設しました。
前回の『Manna』のプロモーションの際に、
Twitterでしか連絡がとれない方や会社さんがおられるなーと気がつきまして
こちらも徐々に稼働させていきますので、どうぞ宜しくお願いいたします。

 

JUGEMテーマ:音楽